流行る飲食店と流行らない飲食店はどこが違うのか

>

こだわりを忘れず、安心できる食材を

価格競争は避けましょう

皆さんは、飲食店の価格競争のお話を聞いた事はありますか?
お客様がお店に全然入らなければ利益がでず赤字になってしまう為お店側は値下げを考えます。

しかし、価格競争に踏み出し最悪な結果が出てしまう場合も多いでしょう。
では、どうすれば良いのでしょうか。

それはまず、商品の見直しをしっかりし、常に新しいメニューを考えること。
商品に磨きをかけお客様が美味しいと思うモノを提供しなければなりません。
常に新しい営業形態を作りあげていかなければなりません。

お客様はただ安いモノを求めているのか、それとも本当に価値のあるモノを求めているのかをしっかり考えるべきかと思います。
価格競争は最終手段にしましょう。
皆さんは、どちらのモノを求めますか?

食材にこだわる飲食店

皆さんは飲食店でメニューを見て、これはどこの食材だろう?と考え気になったことはありませんか?
食べ物は、できるだけ安全で安心なものを選びたいですよね。

最近スーパーで見かけるようになった「オーガニック食品」とは、農産物は化学農薬や化学肥料を使わずに育てられたもの、肉類は自然に近い環境の中で動物は有機食材の飼料を食べ育てられたもの、オーガニック食品は一般の食品よりも安全性が高いと言われております。

今では、オーガニック食品を使っている「オーガニックレストラン」や「オーガニックカフェ」などオーガニックのお店が増えてきております。
安心で安全な食品だと体にも優しく体にも良いので、とても魅力的ですよね。
健康志向の人が増え続けている今、お客様が求めているものは安全で安心な食なのかもしれません。